何かに対して、ほとんどの場合、大多数の人びとは当事者ではない。

日本では年間3万人以上も自殺者がいるという。凄い数字だと思う。しかし、その自殺者と関わりのある人たちを含めたとしても、当事者ではない人たちの方が圧倒的に多い。大雑把に言って、1億人は当事者ではない。

天災によって数万人が亡くなった。これも大変な数字だ。しかし、やはり1億人は当事者ではない。

日本の障害者の人数は内閣府のデータによれば身体障害者393万7千人、知的障害者74万1千人、精神障害者392万4千人となっている。それ以外の人びとは、1億人は当事者ではない。

先の大戦で日本では230万人の戦死者と一般人80万人の死者を出した。それぞれに家族がいて、その死に直接関係する者がこの4倍いるとしても、いや10倍いるとしても、これは乱暴な言い方ではあるけれど、やはりその死に対しては当事者ではない者の方が多い。

つまり、なにかの当事者が1000万人いても、仮に何かで1000万人集まっても、この国では10%にしかならない。だから90%は当事者ではないかもしれない。

そして、「そのとおりだね」「しかたないね」「そうそう、自分には関係ないことなんだよね」「なんだかよくわからないから」と言うとき、それはつまり1000万人くらいはどうなっても良いという「わたしは残酷で冷酷な人間だ」と宣言しているに過ぎないのかもしれない。

少なくとも僕は残酷で冷酷な人間になることはいやだ。それに、深く考えなくても、誰だって何かの当事者になり得ることはわかる。ならば想像するしかない。当事者ではない人間の想像力が重要なのだと思うのだ。